mimoLive® - ユーザーマニュアル

汎用セレクタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツで検索
ポストタイプセレクタ

マニュアル - コンテンツの表

Zoom Meetingソース

目次

mimoLiveのZoomミーティングソースがゲームをどう変えるか

があります。 ズーム・ミーティング mimoLiveのソースは、以下のような様々なライブビデオ制作のユースケースに使用できます:

  1. ウェビナーです:Zoomのソースを使用してウェビナーを開催し、最大6人の参加者の音声と映像をライブストリームに取り込むことができるので、視聴者により魅力的でインタラクティブな体験を提供できます。
  2. リモートインタビューZoomソースは、スタジオに物理的に存在しないゲストとの遠隔インタビューに使用することができます。ライブ制作のワークフローにZoomを組み込むことで、遠隔地にいるゲストを番組に登場させ、リアルタイムで対話することができます。
  3. 遠隔地のミーティングまた、Zoomソースを使用してリモートミーティングを開催し、参加者全員の音声と映像をライブストリームに組み込むことができるため、遠隔地のチームメンバーとのコラボレーションや作業が容易になります。
  4. ライブイベントZoomソースを使用して、遠隔地のカメラからのライブフィードを取り込むことができ、コンサートやスポーツイベントなどのイベントをマルチアングルで撮影して放送することができます。

全体として、mimoLiveのZoom Sourceは、ライブプロダクションワークフローにリモート参加者を統合する便利で柔軟な方法を提供し、オーディエンスに対してより魅力的でダイナミックな体験を作り出すことができます。

Zoom Meeting Sourceを使用するには、mimoLive Studioのライセンスが必要です。

Zoomの統合は、Zoomが開発者にSDKの使用料を請求していない限り、mimoLive StudioおよびBroadcastのライセンス所有者に無料で提供される。

最大6名の参加者のためのズームオーディオとビデオを1080pの解像度で提供します。

mimoLiveでZoomミーティングに参加すると、最大6人の参加者の個別のオーディオとビデオを最大1080pの解像度で受信できます(Zoom高帯域幅モード)。このソースから提供される個別のオーディオとビデオを使用して、mimoLiveレイヤーを使用して見栄えの良いレイアウトを作成します。

1080pが出ない?

HDビデオを受信するには、会議を開催するアカウントのアカウントレベルで有効にする必要があります。Zoom Proアカウントでは720p、Businessアカウントでは1080pまで配信できるように設定できます。サポートチケットでZoomサポートに連絡し、会議を開催するアカウントでグループHD会議を有効にするようリクエストしてください。

*

6人以上の参加者をキャプチャできますか?

はい、可能です。ただし、Zoomはコンピュータに送信される帯域幅を制限しているため、Zoomミーティングのソースを追加すると、ソースの品質が低下します。

mimoLiveとZoomの統合方法

ズーム・バーチャル・プロダクション

Zoom Virtual Production SchematicでZoomミーティングソースを使用する

会議参加者を外部カメラとして使用し、視覚的に説得力のある魅力的なライブ番組を作成します。ここでは ビデオカルーセルレイヤー.

ズーム・ハイブリッド・プロダクション

ズーム・ハイブリッド生産概略図

参加者のビデオや音声をスタジオやステージに送り、ライブアクションと統合してライブ放送を作成。

ズームISO記録

ズームISO記録模式図

会議参加者のISOビデオとオーディオをh.264またはProResビデオファイルに記録。

ズームISO再生

ズームmimoLive使用例.004

SDI、NDIまたはRTMPを使用して、ISOオーディオおよびビデオフィードを他のビデオ制作機器に送信します。(この機能はZoomによる承認待ちで、近日中に利用可能になる予定です)。

ミモライブ出力をズーム(バーチャルカメラ)に送る

ズームバーチャルカメラ概略図

Zoom会議でのライブ・パフォーマンスのプロダクション・バリューを高めたい場合は バーチャルカメラ mimoLiveドキュメントからZoom(または他のライブ会議アプリ)にビデオとオーディオを送信します。

Zoom Meeting Sourceの始め方

ミモライブユーザー

mimoLiveを使用してZoomミーティングに参加すると、ミーティング参加者には新しいユーザーがミーティングに参加したように見えます。このユーザーをmimoLiveユーザーと呼ぶことにします。

Zoomによる認証

一部のZoomミーティングでは、招かれざるゲストの参加を防ぐために認証が必要です。Zoomで認証するには、mimoLiveの設定からアカウントを選択し、右側の表から「Zoom」を見つけてクリックします:

Zoomによる認証

このプロセスにより、ウェブブラウザとZoomウェブサイトが表示されます。Zoomの認証情報を使用してログインします。

ズーム・アカウント管理

あなたは今、mimoLiveを使ってZoomにログインしています。これは、mimoLiveを使用して会議に参加する際に、会議に参加するmimoLiveユーザーのペルソナとなります。

*

会議に参加するにはZoomで認証する必要がありますか?

会議がパスコードのみの場合、認証なしで会議に参加できます。ただし、会議主催者または共同主催者からローカル録画権限を付与されている必要があります。

Zoomミーティングへの参加

mimoLiveを使用して、Zoomの既存の会議に参加することができます。mimoLiveは、「mimoLiveレコーダー」と呼ばれる会議の一般ユーザーとして表示されます。

Zoomメニューから「Zoomミーティングに参加」を選択します:

Zoomミーティングに参加する

会議IDとパスコードを入力する:

Zoom Meeting IDとパスコードを入力
*

ショートカット

Zoom招待リンクまたは招待メール全体をミーティングIDフィールドにコピー/ペーストすると、mimoLiveが必要な情報を自動的に検索します。

会議に参加をクリックすると、Zoomウィンドウが開きます。これは、Zoomクライアントと同じように見え、動作します:

ズーム・ミーティング・ウィンドウ

ミーティング設定の変更

Zoom Meetingウィンドウは、真のZoomクライアントです。返送用のビデオカメラとマイクの設定、その他ほとんどのZoomミーティングの設定が可能です。

設定にアクセスするには、Zoom Meetingウィンドウの左下にあるオーディオまたはビデオのポップアップメニューを選択します:

Zoomミーティングの設定にアクセスする

標準ズーム設定ウィンドウが開きます:

Zoomミーティングの設定を変更する

エコーが聞こえる?

会議ソースを設定し、mimoLiveを通して音声をモニターしたときにエコーが聞こえる場合は、Zoom Meetingがモニター機器を通して音声も出力している可能性が高いです。これを避けるには、Zoomミーティングの設定で別の「スピーカー」を選択してください。余分なオーディオデバイスを持っていない場合は、Loopbackや無料のBlackholeなどの仮想オーディオデバイスをインストールし、それを選択することができます。

オーディオとビデオの受信

オーディオとビデオの受信にはローカル録画許可が必要

音声とビデオを受信するには、mimoLiveユーザーが会議のホストまたは共同ホストからローカル録画の許可を受け、Zoom会議がアカウントレベルでローカル録画を有効にしている必要があります。

mimoLiveユーザーがホストまたは共同ホストのステータスを持っている場合、ローカル録画許可は自動的に付与されます。

音声とビデオを受信するには、プロダクションに追加する参加者ごとに、[ソース]列にZoom Meetingソースを追加します:

Zoomミーティングソースの追加

ズーム参加者を選択

ポップアップメニューから特定の会議参加者を直接選択できます:

Zoomミーティング参加者の選択
ズームミーティングソースビデオの寸法

特別な」参加者が何人かいる:

スペシャルZoomミーティング "参加者"

自動

このタイプのZoom Meetingソースは、Zoomによって自動的に選択された「スピーカー」をビデオとして受信し、Zoomによって送信されたオーディオのミックスダウンを受信します。これは、会議でのオープンな質疑応答に便利です。

画面共有

参加者が自分の画面を共有した場合、「画面共有」を選択したZoom会議ソースは、画面共有からのビデオを受信します。

画面共有用のZoomミーティングソースには、音声は含まれません。

スポットライト

スポットライト」を選択したZoom会議ソースは、ホストまたは共同ホストが「スポットライト」を当てた参加者のビデオと音声を受信します。

一度に一人だけにスポットライトを当てる

Zoomでは、会議中の複数の人にスポットライトを当てることができます。mimoLiveは、スポットライトを当てているすべての人のリストを受信しますが、そのリストの最初のエントリのみを使用します。
一度に一人にしかスポットライトを当てないよう、会議の主催者に周知徹底してください。

この機能は、誰がビデオ作品に登場するかを外部の人間にコントロールさせるために使うことができる。例えば、町内会の会合で、どの市民に発言権を与えるかを町役場職員が選択できるような場合だ。

名前

このオプションを選択すると、Zoom会議参加者の名前の一部を入力するための新しいフィールドが表示され、参加者が会議に参加する際に自動的にマッチングされます:

Zoom会議参加者の名前を入力する

これは、会議の準備のために、ソースを特定の人に割り当てるために使用することができます。

ビデオ寸法

Zoom Meetingソースは、Zoomへの接続帯域幅とビデオストリームをデコードするコンピュータの能力に応じて、最大1080pの解像度のビデオ受信をサポートしています。帯域幅を維持するには、Zoom Meetingのソースパネルで[ビデオ解像度]を設定して、ビデオ解像度の上限を選択します:

Zoom 会議ビデオの寸法の設定

チャット

出席者が会議チャットに送信したメッセージは、mimoLiveコメントウィンドウに追加され、コメントレイヤーを使用してビデオ制作で表示することができます。コメントウィンドウは「ウィンドウ」メニューにあります。

リターンフィード

mimoLiveは、プログラムアウトとプログラムオーディオミックスをリターンフィードとしてZoomミーティングに送り返すことができます。これを行うには、HTTP API(下記参照)を使用して起動し、会議に参加することができる特別なオーディオおよびビデオデバイスが用意されています。

mimoLive 6.5からは、mimoLive Virtual Camera Extensionを使用して会議にリターンフィードを送信できるようになります。

ISOレコーディングとプレイアウト

を使用する。 ファイル 録画出力先Zoom Meetingの各ソースを個別に録画し、Final Cut Pro、DaVinci Resolve、Adobe PremiereなどのNLEビデオ編集プログラムで編集することができます。

があります。 フルスクリーン・プレイアウト出力先 を使用すると、スタジオのモニターやテレプロンプターに特定の参加者を表示し、ライブの視聴者と対話することができます。

SCR 20230915 SRT

*

これを実行するハードウェアをお探しですか?

mimoRack™ はmimoLive Zoomインテグレーションに最適なハードウェアです。以下のことができます 自分で作る.

ステータス・メッセージ

mimoLive Zoomソースはステータスメッセージを表示します:

Zoom ミーティング ソース ステータス メッセージ

ミーティングに参加する

このメッセージは、まだミーティングに参加していない場合に表示されます。

録画許可待ち

このメッセージは、会議に参加しているが録画の権限がない場合に表示されます。録音許可をリクエスト] ボタンを使用して、会議のホストまたは共同ホストに許可をリクエストします:

SCR 20240516

ズーム参加者を待つ

このメッセージは、ソースがまだ会議に参加していない会議参加者をキャプチャしようとしているときに表示されます。

[ビデオ解像度]-[参加者名]

すべてが正常に動作している場合、ステータスメッセージには受信中のビデオ解像度と参加者の名前が表示されます。

APIサポート

Zoom Meeting Sourceは、自動化を可能にするためにHTTP APIによるパラメータの変更もサポートしています。Zoom Meeting Sourceには、読み取りと設定が可能な以下のプロパティがあります:

"zoom-userid "で特定のズームユーザーをIDで選択("zoom-userselectiontype "が自動的に設定されます。)
"zoom-username-containing "は、リテラル名(最初の一致)でユーザーを選択する("zoom-userselectiontype "が自動的に設定される)。
"zoom-username "で特定のズームユーザーをリテラル名で設定する("zoom-userselectiontype "は自動的に設定される)
"zoom-userselectiontype "でユーザー選択モードを切り替える(値は変更される可能性があります)
"zoom-videoresolution "は、特定の最大解像度を選択します(値は変更される可能性があります)。

APIコール

会議の参加者リストを取得する:

/api/v1/zoom/参加者

ミーティングに参加する

/api/v1/zoom/join?meetingid=[meetingId]&displayname=mimorocks&passcode=[passcode]&zoomacountname=[zoomaccount]&virtualcamera=true

meetingId]、[passcode]、[zoomaccount]を適切な情報に置き換えてください。

適切なものを選ぶ 表示名.

virtualcamera=true プログラム出力とプログラム・オーディオ・ミックスがミーティングに送り返されます。

退席する:

このコマンドを実行すると、mimoLiveはミーティングから退出しますが、他の参加者のためにミーティングは実行されたままになります。

/api/v1/zoom/leave

ミーティング終了:

このコマンドを実行すると、ミモライブはミーティングから退出し、参加者全員のミーティングを終了します。

/api/v1/zoom/end

会議中の設定を制御します:

mimoLiveが会議に接続され、ホストまたは共同ホストである場合、このAPIコールを使用して会議の様々な側面を制御することができます:

/api/v1/zoom/meetingaction?command=

どこ <コマンド は以下のいずれかです:

リクエスト録音許可
ミュートビデオ
アンミュートビデオ
ミュートオーディオ
ミュート解除
enableUnmuteBySelf
disableUnmuteBySelf
ミュートオール
ミュート解除
ロックミーティング
アンロックミーティング
ロワーオールハンド
シェアフィットウィンドウモード
シェアオリジンサイズモード
ポーズシェア
レジュメシェア
ジョインボイップ
リーブボイップ
参加者のチャット許可
参加者のチャット拒否
参加者の共有
参加者の共有禁止
ビデオの開始を許可する参加者
参加者に動画を開始させないようにします。
参加者がホワイトボードを共有できるようにします。
参加者にホワイトボードの共有を許可しないようにします。
enableAutoAllowLocalRecordingRequest
disableAutoAllowLocalRecordingRequest
参加者の名前変更許可
参加者の名前を変更しないようにします。
ショー参加者プロフィール写真
参加者プロフィール写真の非表示

コマンドラインを使ってAPIを呼び出す:

APIは、アプリケーションのURLスキームを使ってMacのコマンドラインから呼び出すこともできる。以下に2つの例を示す:

open -a "mimoLive" "mimolive2://api/v1/zoom/join?meetingid=xxxxxxxx&displayname=mimorocks&passcode=yyyyyyyyyyyy&zoomacountname=zzzzzz&virtualcamera=true"

open -a "mimoLive" "mimolive2://api/v1/zoom/leave" 

ご意見・ご感想

ミモライブのこの機能を使ってみて、どのように評価されますか?

メールマガジン

日本語

24/7 Live Zoom®デモに参加する

*必須

からコンテンツを読み込む必要があります。 reCAPTCHA をクリックしてフォームを送信してください。この場合、第三者のプロバイダーとデータを共有することになりますのでご注意ください。

詳細情報